簡単に購入するケースと賃貸で暮らすケースを比較してみる

マンションを購入するのが良いのか、家を購入する方がいいのか、それとも賃貸で暮らし続けて老後のために田舎に安く別荘を購入するのが良いのかなど、ライフプランによって悩まれると思います。また、ご家族の方、おひとり住まいの方、ご夫婦二人での生活を希望されている方など、ライフプランによってご希望は様々であると思います。賃貸か?購入か?迷う際に何を基準にするか、メリットとデメリットは何かなどを当サイトで語り、説明したいと思います。

きれいなビル群

シュミレーションで違いを見てみよう

最も気になるのが、何が幾らかかって、どんな違いが出るのか?ですが、これがどうなるか分かりやすく簡単に趣味レーションしてみましょう!

20年間賃貸マンションで生活する場合

  • 賃料:月10万円×240(20年間)… 2400万円
  • 仲介手数料:1ヶ月分…10万円
  • 敷金:1ヶ月分…10万円
  • 礼金:1ヶ月分…10万円
  • 更新料:10万円×10回(2年に1度1ヶ月分として)…100万円
  • 火災保険料:2万円×10回(2年に1度更新として)…20万円

★合計:2550万円

20年間購入した物件で生活する場合(月10万円程度の支払いを仮定します)

価格:2400万円(仮定)
※購入する場合一括払い出ない限りローンを組む必要があります。ローンを組んで下記のように設定した場合を仮定します。
(借入金額2400万、ボーナス払い0、返済方法:元利均等、金利タイプ:固定、当初金利0.2%)

  • 毎月の返済額:10万2千21円×20年間…24,485,074円(総返済総額での計算です)
  • 固定資産税:年額約5万円×20年間…100万円(変動もあるので仮設定です)
  • 都市計画税:年額約2万円×20年間…40万円(仮設定です)
  • 火災保険料:2万円×10回(2年に1度更新として仮設定)…20万円
  • 修繕積立金:年間24万円(仮設定)

★合計:約2494万円

シミュレーションでは購入する方が安くてトク

しかもこの計算方法では、購入の方はボーナス払いは0で設定、繰り上げ返済もナシで設定しています。こんなに違いがあると思うと購入したくなってしまいますよね。ですが購入にはリスクがあります。仮設定している修繕積立金は足りなくなる場合もありますし、月々10万円で賃貸で住むのと購入するのとでは賃貸の方が良い物件に住めることは明らかでしょう。購入の場合失敗だと感じることがあってもその場所に引越できず住み続けなければならないのでリスクは背負わなければなりません。賃貸か購入かどちらが良いかはリスクをどうみるかで変わってきますから何がリスクでどんなライフプランをたてたいかしっかりと考えましょう。

賃貸にして気に入った場所を転々とし、後々軽井沢や伊豆などの避暑地のような場所に別荘を建てて老後を過ごすというのも人生設計のひとつです。じっくり考えて物件や支払方法を選びましょう!